事業再構築補助金 新たな加点項目が発表されました

原油価格・物価高騰等の経済環境の変化の影響を受けている事業者に対する支援拡充

今公募期間中の第6回事業再構築補助金、

新たな加点項目が6月3日に発表されました。

急激な円安などによる原油高・物価高に対応した政策の一環のようです。

具体的には、

原油価格・物価高騰等の経済環境の変化の影響により、

2022年1月以降のいずれかの月の売上高(又は付加価値額)が、

2019年~2021年同月と比較して10%(付加価値額の場合15%)以上減少している事業者に対し、

加点措置を行い、優先的に採択する

というもの。

この要件に該当される方は、ぜひ申請書に目立つように記載して頂けたらと思います。

次回第7回からは原油価格・物価高騰等緊急対策枠の新設

時期は未定だそうですが、次回からは、

新型コロナの影響を受けつつ、加えてウクライナ情勢の緊迫化等による原油価格・物価高騰等の経済環境の変化の影響により業況が厳しい中小企業等が行う、新型コロナをはじめとする感染症の流行など、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応した、危機に強い事業への事業再構築の取組を優先的に支援する「原油価格・物価高騰等緊急対策枠」を新設する

とのこと。

詳しくはこちら(公式サイト)に記載がありますので、ご確認ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

お客様の声

前の記事

お客様の声121
お客様の声

次の記事

お客様の声122